2010年06月30日

GINGERBREAD BOYS 1stアルバムジャケット初公開!!

astui.bmp皆様お待たせいたしました!
GINGERBREAD BOYSのHPで、
1stアルバムのジャケットを初公開しました。
どうぞご覧ください!↓
gingerbread.boy.jp
posted by 権上康志 at 01:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月29日

レコーディングofアリコマ

2010062915570000.jpgこんにちは!
今日は午前中に音大の仕事をしたあと、昼間はレコーディングでした。
音大の後輩二人組のユニット「アリコマ」のアルバムの一曲に、
ドラムの斉藤洋平さんとのジンジャーリズム隊で参加ました。

2010062916040000.jpg上がこぼりんことボーカル小堀明子さん
下の真ん中がピアノの石原真理さんです。
皆さま応援よろしくお願いします。

そして今から心斎橋でライブです。
気合いだ〜!
posted by 権上康志 at 16:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月28日

KOBEjazz.comに

kobejazz.JPG 皆さんこんばんは!
 KOBEjazz.comに、6/12(土)に風月堂ホールで行われたコンサート
 「KOBE MUSIC STATION」に権上康志クインテット
 出演した際のコンサートレポートとインタビューが掲載されています。
 是非ご覧ください!

 http://kobejazz.jp/concert_report/index.html
posted by 権上康志 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ヴァイブ

2010062716180000.jpg 昨日は神戸の神戸珈琲本店で、
 ヴィブラフォンの今田香織さんと演奏しました。
 レトロな店内で大勢のお客さんに囲まれ、
 和やかな雰囲気のコンサートとなりました。
 ありがとうございました。
 本番に先だってリハをしたんですが、
 ヴィブラフォンって分解して運ぶんですよね。

Before
2010062415150000.jpg

匠の手にかかると

2010062415200000.jpg

After
2010062417010000.jpg

なんということでしょう
思わず写真撮りました。
posted by 権上康志 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器・機材

フレブリ

2010062422360000.jpg先週木曜日は萬屋宗兵衛でライブでした。
メンバーはtp 横尾昌二郎 as 横山未希
pf 大友孝彰 dr 定岡弘将
とのクインテット。
ホレス・シルヴァーオスカー・ピーターソン等の
賑やかな楽曲中心に演奏しました。

そしてこのメンバーで7月のホールコンサートに出演します
関西の若手からベテランまで大勢出演するコンサートです。
ちなみに僕はこの日「藤井貞泰カルテットfeat.竹田一彦」でも出演します。
是非お越しください

7/24(土) 吹田 メイシアター GRAET JAZZ SERIES vol.2
 15:00開場 15:25START 19:30終演予定
  Bass 宮本直介 権上康志 廣田昌世 中村裕希 泉正浩
  vib 鍋島直昶 さいとう歌奈
  pf 大塚善章 藤井貞泰 大友孝彰 鎌田恵 井高寛明 清水愛
  sax 古谷充 高橋知道 横山未希 加納星子
  tp 横尾昌二郎 gt 竹田一彦 vo 郡沙羽 杉山千絵 池田杏里
   野村佳乃子 浅井あきこ 島谷理子 原田紀子 山野ミナ
  dr 田中ヒロシ 定岡弘将 鳥垣優羽 今井康鼓 引田裕路


チケットのお申し込みはこちらまで。
posted by 権上康志 at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ

カレー

2010062519320000.jpg先日の天満じゃず家でのライブの前に、
梨花食堂というカレー屋さんに行きました。
以前よいこ部で紹介されていたお店で、
その直後は行列ができていて入れなかったんですが、
この日は少し待ちで入れました。

食べたのは牛ステーキカレー ¥900
ルーはピリッと辛口。肉も柔らかくて美味い!
お近くを通られた際は是非!

ちなみに翌日は同じメンバーで京都のむ〜らでライブ。
この日も皆でカレーを食べました。
posted by 権上康志 at 01:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物

2010年06月27日

バーべ

先日、久々にミュージシャンバーベキュー大会をやりました。
梅雨真っ最中でしたが、天気も晴れてよかったです。

102_0996-1.JPG 102_0997-1.JPG 102_0998-1.JPG
102_0999-1.JPG 102_1000-1.JPG
大勢が集まって、わいわい。
やっぱBBQはよいですなぁ。

この日の会場、万博記念公園には大きな池があって、
毎回スワンボートに乗るので皆それも楽しみにしていました。

102_1013-1.JPG












水がねぇ!!

102_1012-1.JPG なんと池が水漏れで改修工事中でした。

 本当に残念!

 池のほとりに佇むスワンが切ない…。

102_1007-1.JPG 102_1009-1.JPG

というわけでバドミントンとフリスビーに興じる面々。

102_1011-1.JPG 皆お疲れ様でした!
posted by 権上康志 at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月23日

845ライブ ありがとうございました!!

102_1021-1.JPG こんばんは!
 昨日は難波845でのリーダライブでした。
 約8ヶ月ぶりの権上康志クインテット
 自分の尊敬する9人のベーシストの名曲名演に挑む
 というコンセプトのライブでした。

102_1027-1.JPG この日は、ど平日にも関わらず、立ち見も出る超満員!
 酸欠になるのでは!?というくらいでした笑

 いやもうホント感無量です。

 昨日のライブにお越し頂いた皆様、
 本当にありがとうございました!


102_1036-1.JPG メンバーは、
  tp 横尾 昌二郎
  ts 高橋 知道
  pf 高橋 玲奈
  dr 齋藤 洋平
  b 権上 康志



102_1023-1.JPGセットリストは

 1st
 1.CHAMBER MATES  ポール・チェンバース
 2.THIRD PLANE ロン・カーター
 3.STARDUST オスカー・ぺティフォードの愛奏曲
 4.BLUE BOSSA リチャード・デイビスの愛奏曲

102_1031-1.JPG 2nd
 1.ハイチ人の戦闘の歌 チャールズ・ミンガス

 2.Gettin' To It クリスチャン・マクブライド
 3.SPIRITUAL チャーリー・ヘイデン
 4.Del Sasser サム・ジョーンズ 
 enc.A LOVE SONG〜WATERGATE BLUES パーシー・ヒース


102_1041-1.JPG 大好きな845で温かいお客様に囲まれて、
 素晴らしいメンバーと思いきり演奏できて、
 音楽やってきてよかったなと、心から思いました。
 昨日のライブに関わったすべての皆さん、
 本当にありがとうございました!
 明日からまた頑張るぞー!


trio1.JPGというわけで次回のリーダーライブは、

 7/5(月) 梅田 JAZZ ON TOP ACT3 19:30〜 ¥2000
  b 権上康志トリオ "Tricrotism"
  pf 加納新悟 dr 中野圭人


です。この日もかなりオススメです。
是非お越しください!
posted by 権上康志 at 23:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | ライブ

2010年06月22日

今日リーダーライブです!

皆さんこんにちはは!
いよいよ今日、久々の権上康志クインテットのライブです。

qk1i109t.bmp今回のライブは関西屈指の5人の若手ミュージシャンで、
自分が尊敬する
 ポール・チェンバース
 ロン・カーター
 オスカー・ぺティフォード
 クリスチャン・マクブライド
 チャーリー・ヘイデン
 サム・ジョーンズ
 パーシー・ヒース
 リチャード・デイビス
 チャールズ・ミンガス

という9人のジャズベースの巨人たちの名曲・名演に挑む
スペシャルライブです。
本日20時から、難波の845でやります。

かなり気合いが入っていますので、
ご都合よろしければ是非お越しください!m(__)m


845q.JPG6/22(火)難波 845 "Tribute to Jazz Bass Giants"
 20:00START 予約¥2200 当日¥2500
 b 権上康志クインテット ts 高橋知道 tp 横尾昌二郎
 pf 高橋玲奈 dr 斉藤洋平


ご予約ご希望の方はこちらまで。
お楽しみに!

JAZZ SPOT 845
 大阪市浪速区元町1-1-20 新賑橋ビルB-1
 tel 0666336288
posted by 権上康志 at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ

9人のベーシスト9 〜チャールズ・ミンガス〜

mingus!.bmp今日のリーダーライブで取り上げる9人のベーシスト
最後の一人はやはりこの人、チャールズ・ミンガスです。
ベーシストとしてだけでなく、作編曲家、バンドリーダー…
一人の音楽家としてとても尊敬している人物です。
ミンガスについては昨年のミンガスナイトのときにだいぶ語っております↓

チャールズ・ミンガスという人
チャールズ・ミンガスの生い立ち
ミンガスの軌跡1
ミンガスの軌跡2
ミンガスの軌跡3
ミンガスの軌跡4
ミンガスの軌跡5
ミンガスの音楽

一言で言うと、圧倒的な存在感

pe.jpgミンガスの作品はどれも尋常じゃないエネルギーに満ちていますが、
その中から一枚を選ぶとなるとやっぱり直立猿人です。

僕がはじめて聴いたミンガスのアルバムで、
いまだにあのときの衝撃を超えるものはありません。
posted by 権上康志 at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2010年06月21日

明日リーダーライブです!

皆さんこんばんは!
いよいよ明日、久々の権上康志クインテットのライブです。

qk1i109t.bmp今回のライブは関西屈指の5人の若手ミュージシャンで、
自分が尊敬する9人のジャズベースの巨人たちの名曲・名演に挑む
というスペシャルライブです。
6/22(火)20時から、難波の845でやります。

かなり気合いが入っていますので、
ご都合よろしければ是非お越しください!m(__)m


845q.JPG6/22(火)難波 845 "Tribute to Jazz Bass Giants"
 20:00START 予約¥2200 当日¥2500
 b 権上康志クインテット ts 高橋知道 tp 横尾昌二郎
 pf 高橋玲奈 dr 斉藤洋平


ご予約ご希望の方はこちらまで。
お楽しみに!

JAZZ SPOT 845
 大阪市浪速区元町1-1-20 新賑橋ビルB-1
 tel 0666336288
posted by 権上康志 at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | スケジュール

9人のベーシスト8 〜リチャード・デイビス〜 その2

リチャード・デイビスといえば、エリックドルフィー
ファイブスポットセッションや、アンドリュー・ヒルの作品群
サラ・ヴォーンのアルバムも有名ですが、
やはりエルヴィン・ジョーンズとのコンビネーションが抜群だと思います。

HEAVY_SOUNDS.jpg二人の双頭リーダー作「HEAVY SOUNDS」はとにかくすごい!
ちなみに僕の携帯の待ち受けはこのアルバムのジャケットです。
とにかく二人の発するエネルギーが凄まじい。
一曲めのジャズロック風リズムのドラムとベースの
コンビネーションは正にヘビーサウンドです。
そしてピアノソロが終わった瞬間、突如ブラックホールに吸い込まれて
フリージャズの世界に突入するかのようなようなベースソロ!
独特のグニャグニャフレーズに完全にノックアウトされます。

正直何やってるかようわからんときもあるけど、
とにかくあの凄み!そして勢い!
本当にシビれます。


そして圧巻はベースとドラム二人だけによる10分以上にも及ぶSUMMERTIME
荘厳というか幽玄というか、独特の世界を作り上げています。


↑昔の日本のテレビ番組ですが、これを地上波で放送したってのが凄いと思う。

ほかにもこのアルバムではエルヴィンがギターを弾いていたり、
フランク・フォスターのゴキゲンなブロウが聴けて、そんなところも楽しめます。
是非ご一聴あれ
posted by 権上康志 at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

9人のベーシスト8 〜リチャード・デイビス〜 その1

richard davis1.jpg明日のリーダーライブに向けて7人のベーシストを紹介してきましたが、
8人目は自分にとって特別な存在のベーシストです。
その名もリチャード・デイビスです。
僕が初めて目の当たりにした本物のベースの巨匠です。

当時僕は高校生で、地元で行われたジャズのワークショップに参加していて、
その講師人としてバリー・ハリスさんたちと来られたのが、リチャードさんでした。
その最終日のコンサートの一曲目はベースから始まる曲だったんですが
(たしかスローテンポのLittle Sunflowerだったと思う)
その音がベースリフが鳴り始めた瞬間、まるで地面が揺れて
ひっくり返るような、不思議な感覚
になったのを今でも覚えています。
その日以来、僕はベースとジャズの虜になったのかもしれません。
100_0110.JPG
去年アメリカに行ったときリチャードさんに
久々に会ってきたんですが、相変わらず大きくて温かい人でした。
巨匠と呼ばれる人たちは、音楽的にも人間的にも
とにかく大きくて優しいんだなと改めて思いました。
posted by 権上康志 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

9人のベーシスト7 〜パーシー・ヒース〜 その2

alovesong.jpgパーシー・ヒースのオススメの一枚ですが、、
それこそ先に挙げた人物との共演盤やMJQの作品、
ヒースブラザーズ(パーシーヒースはジミーヒース
アルバートヒースのお兄ちゃんなのだ!
ちなみにジミーヒースはジンジャーブレッドボーイという曲の作曲者ですよ)
の作品など、名盤はたくさんあるんですが、やはり晩年の
最初で最後のリーダー作「A LOVE SONG」を聴いて頂きたい!

このアルバムでヒースは半数の曲でチェロを弾いているんですが、
これがまた枯れたいい音なんですわ。
一曲目の「A LOVE SONG」はヒースの素朴な味わいのあるオリジナルで、
チェロによる独奏なんですが、慈しむように愛でるように、
一音一音を丁寧に綴っていきます


もうこの時点でかなり目頭が熱くなっているんですが、
2曲目の「WATERGATE BLUES」に入って、ヒースのチェロと、仲間たちの
コールアンドレスポンスに入った瞬間が、何度聴いても泣けます
寛いだ曲調のブルースですが、気の合う仲間たちとのセッションを
心から楽しんでいる様子が目に浮かぶようです。
(ちなみにドラムは弟のアルバートヒース)
やっぱ泣けるわ、コレ

他にもMJQの往年の名曲ジャンゴや自作の組曲などが収められていて、
彼の音楽人生が集約されたようなアルバムだと思います。

パーシー・ヒースはオーソドックスで、
音数少ない歌うような渋いプレイをします。
正直編成的にもサウンド的にも地味なアルバムかもしれん。
でもこのアルバムには80年の人生を
ジャズとベースに捧げた人物にしか出せない、
人柄が滲み出るような味わい深い音が刻まれています


僕にとってこれからの人生で、ずっと聴き続けていきたい大切なアルバムです。
皆さんも是非、聴いてみてください。
posted by 権上康志 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

9人のベーシスト7 〜パーシー・ヒース〜 その1

percy heath.jpg皆さんこんばんは!
いよいよリーダーライブが迫ってまいりました。
この日取り上げる9人のベーシストの7人めは、
MJQのベーシストとしてもご存知のパーシー・ヒースです。

チャーリー・パーカーに始まりマイルス・デイビス
セロニアス・モンクコルトレーン…、
パーシー・ヒースの共演歴はそのままモダンジャズの歴史になります
2005年まで生きたヒースは、享年82歳
そんな輝かしい長いキャリアに関わらず、リーダーアルバムは
80歳のときに残した一枚のみ
という、
正にベースマンの鏡のような生き方をした人です。
"ベーシスト"という役割に一生を捧げた人だと思います。
これぞ(おとこ)!
僕もそんな生き方ができたらと思う今日この頃です。

posted by 権上康志 at 01:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2010年06月19日

9人のベーシスト6 〜サム・ジョーンズ〜

sam jones.jpgキャノンボール・アダレイバンドや、オスカー・ピーターソントリオ、
シダー・ウォルトントリオなど数々のバンドをスイングさせてきた
グルーヴマスターが、サム・ジョーンズです。
僕はサム・ジョーンズの乾いた音色と強靭なビート、
R&Bの影響を強く感じさせるブルージーでソウルフルなソロを聴くと
何故か無性にワクワクします
絶妙な泥臭さがまた格好良くて、憧れますね。

キャノンボールのIn San Franciscoでの
Straight,No Chaserのベースソロなんて最高!

マイルス&キャノンボールの超名盤Somethin' Else
Barry.jpg上記のバンドの作品、ブルー・ミッチェルBlue's Moods
リーダー作も少なくないし、好きな作品はたくさんあるんですが、
一枚オススメを選ぶとなると、バリー・ハリスAt The Jazz Workshop
選曲もメンバーもいいし、何せサム・ジョーンズのベースが
ラインにソロにとビンビンに飛び跳ねています。
ホント、何度聴いてもワクワクさせられます。
ご一聴あれ!
posted by 権上康志 at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

9人のベーシスト5 〜チャーリー・ヘイデン〜

Charlie+Haden+chaden.jpg現代ジャズベース界の最高峰、チャーリー・ヘイデン

本年72歳。
しかしながら彼の音楽への情熱と探求は衰えることなく、
次々と硬派な音と作品を送り出し続けています。

一音入魂の深く重い音、一切の無駄の無い音数による歌と空間が、
チャーリー・ヘイデンの音楽の世界を作り出します。

spiritual.jpgオーネット・コールマンとの諸作や
リベレーションミュージックオーケストラの作品、
数々の名手との対話が収められたDuoアルバムなど、
素晴らしい作品がたくさんあるんだけど、
一番好きなのはハンク・ジョーンズとのDuoアルバムSpiritual
深い、の一言に尽きます
posted by 権上康志 at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

9人のベーシスト4 〜クリスチャン・マクブライド〜

10370515-jazz-bassist-christian-mcbride.jpg22日のライブで取り上げる9人のベーシスト
4人目は現代を代表するベーシスト クリスチャン・マクブライド
ウッドもエレベも、ストレート・アヘッドなジャズからファンク、
ヒップホップまでこなす幅広い守備範囲。

ピチカートもアルコもテクニカル。
現代ジャズを牽引する存在です。

firstbass.jpgと正に完璧超人の様相。
しかしその根底にファンキーさやソウルフルなフィーリングが
脈々と根付いているから好きなんですわ。

参加作も数え切れないほどありますが、
やっぱり好きなのはデビューアルバムGettin To It
とにかくファンキーでハッピーで爽快なジャズが聴けます。
posted by 権上康志 at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2010年06月18日

ろくおん!!

2010061723540000.jpg昨日は低音一家のレコーディング最終日でした。
場所は八戸ノ里のGreen Note

GNの杉岡氏開発のインシュレータースタビライザを駆使し、
リアルな生音が捉えられています。

メンバーはb 廣田昌世さん、b 岡田亜矢子さん、僕。
そして大物ゲストも加わります。

2010061723510000.jpgそして今回は僕のオリジナル曲も一曲収録されます。
コントラバスでボサノヴァのギター・カッティング的な
プレイとボイシングに挑戦しています。

その辺の情報も今後小出しにしていきますんで。
ジャケットデザインも面白いものになりそうです。
これはホント僕らも見るのが楽しみです。

2010061800190000.jpg CDの発売は今秋11月を予定しています。
 そして発売記念ライブを、ゲストを迎えてバーンとする予定です。


 今年はリリースが続きます。
 どうぞお楽しみに!
posted by 権上康志 at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

9人のベーシスト3 〜オスカー・ペティフォード〜

昔、僕のベースの師匠が、先日亡くなったハンク・ジョーンズ氏に
「どんなベーシストを聴いて参考にすればいいですか?」
と質問したところ、ハンクさんは「オスカー・ペティフォード!
と即答したそうです。

Oscar_Pettiford[1].jpgこのエピソードだけで説明は要らないくらいかもしれませんが、
ペティフォードは日本での知名度こそ低いものの、
モダン・ジャズベースの父と呼ばれるような偉大な存在です。
その魅力は溢れ出んがごとき歌心
ラインもソロも本当によく歌っていて、
巨人の名にふさわしいスケールの大きな演奏を聴かせてくれます。

セロニアス・モンクやマイルス、ソニー・ロリンズとの諸作や、
自身のオーケストラなど、素晴らしい作品はたくさんありますが、
anotherone_.jpg一枚を選ぶとすれば、リーダー作のANOTHER ONEがイチオシ。
代表曲のBohemia After Darkは、キャノンボールの有名なテイクに
比べてテンポは遅いんですがとにかく格好いい。
サビのベースラインなんか激しくアツいです。
Stardustはペティフォードが生涯演奏し続けた愛想曲。
歌心が炸裂しております。
posted by 権上康志 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽