2008年08月29日

弦替えました

2008082814360000.jpg この話しはベーシスト以外の方は全く興味ないと思うんですが(^−^;
先日、ベースに張っている弦の種類を替えました。
以前はオブリガートを張っていたんですが、今回は敢えてスピロコアです。

この弦は指で弾くピチカートに適した弦で、驚く程長いサスティンが特徴です。
言い換えれば少々荒削りなサウンドといえるかもしれませんが、
逆にそれがジャズやポピュラー系統の音楽にマッチするともいえます。
定番中の定番で、ジャズを始めて一番最初に張ることが多いようです。
しかし弓で弾いたときに少々金属的な音になるので、徐々に他の弦を試すパターンが多いようです。

以前張っていたオブリガートはピチカート、弓奏両方とも使えて、愛用者も
多い良い弦なのですが、弦が巻きつくような独特の触感と、調整の関係で
ほつれたり切れたり、というトラブルが多かったので、今回他の弦に替えることにしました。

弓で弾いたときのイマイチという意見もありますが、「レイ・ブラウン
マークジョンソンエディ・ゴメスだってこの弦できれいな音を出している、
結局腕じゃないか!」ということでガッツのあるスピロコアにしました。

今回弦高も上げたので、生音も更に大きくなりました。
特に低音が気持ちいいですね。
皆さん、是非新しい弦の生音を聴きにライブハウスにお越しください!
posted by 権上康志 at 01:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 楽器・機材
この記事へのコメント
私も同じ弦を購入しました。
偶然、同じだったみたいで嬉しいです。
またいろいろと教えて下さいね。
Posted by みゆき at 2008年08月31日 21:36
みゆきさん<色々考えた結果スピロコアにしました。
値上がりする前に買えてよかったですね。
僕にわかることならなんなりと!
Posted by 権上康志 at 2008年09月02日 01:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック