2010年05月18日

ミスター・スタンダード

hank2.jpg未だに信じられないですが、昨日現役最長老ピアニスト
ハンク・ジョーンズ氏がNYで死去されたそうです。
享年91歳の大往生です。
チャーリー・パーカー、ビリー・ホリデイ、マイルス・デイビス
彼の共演歴はそのままモダンジャズの歴史でもあります。

僕は二回ハンクさんのコンサートを生で見ましたが、
存在そのものが「ジャズ」であり「音楽」のような人でした。
そのお茶目な立ち振る舞いすべてがスイングしていました。

hank1.jpgポール・チェンバースのアルバム「BASS ON TOP」は、
全ベーシスト必携の、言わば聖書のようなアルバムです。
僕も今まで数え切れないほど聴きました。
そのアルバムでピアノを弾いているのがハンクさんです。
その端正なピアノが、チェンバースのメロディアスなソロを際立たせています。





↑ちなみに僕はこのアルバムを聴いてサム・ジョーンズを好きになったんですけど、
ここでピアノを弾いているのもハンクさんです。

これらのアルバムを始め、彼が残した全ての作品を通じて
ハンクさんの演奏は世界中で永遠に愛され続けていくことでしょう。

ご冥福をお祈りします。



posted by 権上康志 at 15:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック