2006年05月21日

水曜どうでしょう その1

僕は普段あまりテレビを見る方ではないんですが、毎週録画してまで見ている番組があります。
それは北海道テレビ放送(HTB)制作の「水曜どうでしょう」という番組です。

107_0741.JPG

この番組、基本的には2人の出演者と2人のディレクター、4人の「旅番組」なのですが、旅の風景やグルメなどは二の次で、道中のトークやボヤキ、騙し騙され罵り合いなどの光景をメインに淡々と放送しております。

出演者は「ミスターどうでしょう」鈴井貴之、「若手・スズムシ」大泉洋、「魔神」藤村D、「アクションカメラマンうれしー」嬉野Dの4人。
この最強のカルテットの軽妙なやり取りが番組の最大の魅力になっています。

本放送は96年10月に放送開始され、02年09月に終了するまでの約6年間放送されました。
現在は「一生どうでしょうします」宣言があり、年一回程度の不定期で新作が製作・放送されています。

また、その人気は全国に広がり、現在は全国で再放送版の「どうでしょうリターンズ」、再編集版の「水曜どうでしょうClassic」が放送されています。

本当に面白い番組なので、騙されたと思ってぜひ一度見てください。

ご飯を食べながらどうでしょうを見て腹を抱えて笑う。至福の時間です。

水曜どうでしょう その2へ

posted by 権上康志 at 01:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック