2011年06月05日

相棒

僕が今まで一番多く一緒に演奏してきた相手、それはメトロノームです。
メトロノームを使っての練習は、ただ単にタイムやリズムの訓練だけでなく、
常に鳴っているほかの音とシンクロしつつ演奏する
アンサンブル能力」の向上に繋がります。

写真.JPG

左の青い彼が、僕が大学に入った頃に買ったKORGのメトロノーム。
およそ7年間、常に持ち歩いてかなり鍛えられました。
それが先日、ついに寿命を迎えました。いままでありがとう。

そして先日購入したのが右の、BOSSのメトロノーム「Dr. Beat
テンポ設定も♪=30〜250までと幅広く、変拍子にも対応
(尚且つ例えば7拍子の場合4+3や3+4などの割り方も設定可能)

さすがBOSS。さすがドクター

これからはこいつと、自分自身も「Dr. Beat」と呼ばれる日を目指して頑張っていきます。

posted by 権上康志 at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック