2013年01月07日

5/10(金)"CHANGES8"出演3組目は「木畑晴哉・大野こうじduo」

写真.JPG5/10(金)に元町の萬屋宗兵衛で行う対バンイベントの第8弾"CHANGES8"出演者3組目は「木畑晴哉・大野こうじduo」です!

名実ともに関西を代表する二人のduoユニットです。
duoという編成ならではのフレキシブルなインタープレイをお楽しみください!
メンバー:pf 木畑晴哉 gt 大野こうじ

[木畑晴哉プロフィール]
1974年12月24日生まれ。兵庫県在住。
5才からクラシックピアノを学ぶ。
小学生でNHK交響楽団と共演するなど、数多くのコンサートに出演。
その後、14才で音楽から離れ、18才で大学入学資格検定所得後、22才の時に洗足学園短期大学JAZZ科入学。
そこからJAZZを始める。今泉正明氏に師事。
その後関西で26才の頃からライヴハウスで演奏を始める。
2002年 Tpの田中洋一氏との双頭バンド「KIBATANABAND」を結成。
革新的なオリジナル曲を主体にした新しいサウンドのクィンテットとして、関西で絶大な人気を誇るバンドとして定着。
2003年から日野皓正ニューディレクションに参加。
エディ・ヘンダーソン、ルイス・ナッシュ、ケニー・ワシントンピーター・ワシントン、
ジミー・スミスジョン・スタブルフィールドをはじめ、国内外の多数のミュージシャンとのライヴ活動を行う。
2006年秋、初リーダー作 木畑晴哉TRIO「GRAY DAWN]をレコーディング。
2007年上京。安ヵ川大樹TRIO、鈴木央紹QUARTET、原大力、河村英樹、溝口恵美子、海野俊輔、などのグループに在籍。
2008年、体調不良の為、一時活動を休止するも、1年後関西に戻り、再び活動再開。
2009年 NEW木畑晴哉TRIOを時安吉宏、ラリーマーシャルとともに結成。
2010年 ラリーマーシャルのCDに参加
関西に拠点を戻した後も、原大力 TOKU 大野えり 竹内直 鈴木央紹 川嶋哲郎 河村英樹 浜崎航など
東京のミュージシャンとの共演を続け、ミュージシャンからの評価も非常に高い。
自己のTRIOでは、絵画的なオリジナル曲の評価が高く伝統に根差したビートと
斬新なハーモニーが共存する、日本で数少ないストレートアヘッドなスタイルのピアニストである。
現在は自己の木畑晴哉TRIO 木畑晴哉QUARTET 溝口恵美子、大野えり ラリーマーシャル 池田杏理&木畑晴哉quartet などのBANDで活動中


[大野こうじプロフィール]
1976年12月27日奈良県出身
中学生の頃からエレキギターを始め、ロックバンドを結成しライブハウスなどで演奏活動をする。
高校卒業後、ヤマハ音楽院大阪入学。
竹田一彦氏、白畑能男氏、小川逸文氏に師事。Jazzを始める。
卒業後Jazz Club"SUB"にて西山 満(b)氏のもと、様々なセッションを経験し、
現在自己のグループなど関西を中心に活動中。
最近では、ニューヨークを中心に活躍中のベーシスト北川 潔氏とも定期的にライブを行い好評を博す。

posted by 権上康志 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | スケジュール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック