2014年04月21日

明後日4/23(水) 梅田オールウェイズでの最後のジャムセッションです!

いよいよ明後日4/23(水) 梅田のオールウェイズでホストに巨匠ことピアニストの岩佐康彦さんを迎え、ジャムセッションを行います。
'07年のバンブークラブに始まり、毎月ずっとジャムセッションを行ってきましたがそれも今回で最終回です。
ご都合よろしければ楽器を持って是非お越しください!

4/23(水) 梅田 オールウェイズ ジャムセッション 20:00〜¥1500
ホスト:岩佐康彦(p) 権上康志(b)

(大阪市北区野崎町6-8-トレックノース梅田ビルB1 tel 072-770-8680 http://www.always-live.info/)

セッションに関して、以前書いて反響のあった文章を一部修正して再掲します。

-後輩のミュージシャンやミュージシャンを目指す学生たちへ-

音大で演奏員という仕事をしていたときに、学生たちに「就職活動だと思ってジャムセッションやライブにシットインしに行けばいいと思うよ」としきりに言っていました。
セッションに行くことでホストと仲良くなったり、セッションに参加しているミュージシャンと知り合ってそれがライブや仕事に繋がることもあったり、とにかく家や練習室に閉じこもるのではなく思い切って外に出ないと何も広がらないからです。
また一人での練習や仲間内でのセッションと、色々な人が出入りするジャムセッションでは緊張感や得られるものが全然違ってきます。

僕も学生時代や卒業後の仕事があまり無いときはとにかくジャムセッションによく行っていました。
三宮のホリーズの月イチのセッションに通い詰めてそのホストピアニストと仲良くなり、バンドに誘ってもらったことが今の活動スタンスのきっかけの一つになりました。
布施のクロスロードのセッションに通う内に、マスターがホストを任せてくれるようになりました。最近ご無沙汰してるのでまたマスターに会いに行きたいのだけど。

今、地元の山口県や西日本で頻繁にライブやツアーをするようになったきっかけは山口のポルシェのセッションに行って繋がりができたからです。
ピアノの大友孝彰をはじめ、たくさんのミュージシャンたちとは西宮のコーナーポケットのセッションで出会いました。

僕は仲間内で楽しく和気あいあいというより、高橋知道さんがリーダーを務める萬屋やTo Doのセッションのようなピリッとした雰囲気が好きだ。
SUBのセッションで西山さんに怒られたのもよく覚えています。
京都のRAGや大阪のチェリージャム、東京やニューヨークの深夜セッションはとても熱かった。

その内自分でもそういう場を作らなくてはと思い、自分でもセッションを主催するようになりました。
バンブークラブのジャムセッションは6〜7年くらい、毎月やりました。セッションなのに何故かいつもホスト三人で打ち上げをするのが毎回楽しみでした。
去年終了した845の深夜セッションでの教訓や反省を活かして立ち上げた梅田オールウェイズの深夜セッションは、毎回50〜60人も集まり中には大先輩も駆けつけてくれたりして、とても嬉しかった。
このセッションは今は長谷川朗さんが引き継いてくださり有難いです。

思いがけず長文になりましたが、とにかく後輩のミュージシャンやミュージシャンを目指す学生の人には是非ジャムセッションに積極的に出入りしてほしい。
というかそれ以外に活動を糸口を掴む方法は無いんじゃないかと思います。

明後日4/23(水) 梅田のオールウェイズで最後のジャムセッションを行います。
積極的な若手ミュージシャンや意欲的な学生たちの参加を待っています。



posted by 権上康志 at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | スケジュール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック