2007年05月10日

エンドピン

200705092349000.jpg 楽器って、弦をはじめ色んなパーツを変えることで音も変わるんです。
 そのひとつがこちら、楽器を支えるエンドピンです。
 今まで僕は中が空洞になったパイプ状のものをつかっていたんですが、今回中身の詰まった棒状のもにしました。
 すると以前より文字通り中身の詰まった芯のある音になりました。
 またこのエンドピンの素材(鉄、チタン、真鍮etc)によっても音や弾き心地が変わるんですが、今回は予算の関係もありまして交換した土台付属ののモノのままにしています。
 今度は色々な素材を試してみたいですね。

posted by 権上康志 at 00:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 楽器・機材
この記事へのコメント
靴で音が変わります。
Posted by とくだ at 2007年05月10日 04:33
とくださん<いやホントそうですね、色々なこと試してみる価値はありますね。
Posted by 権上康志 at 2007年05月10日 11:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック