2015年09月06日

alto sax 山中一毅 プロフィール

UvuTY2LKYU64Q87DMeh59epK3ROdN2MdJ6wTGuI2uuB_9i0d8GkKz5qTW3SbRWLgXE9PEzZM87t45UZuUS1JwiUTAS-xh8jtDx8kbCwAZ9yyTBS2EtVzQDfHxZD-rfCUwb8_2Rr-qTKiZx7S_9M9svv0HeJz5O5LRPIDwJn-QKeawSuK7Krwm3xlUtNt-vmihXSkAsoJdbzGn5gZODH5aGe5BseXB.jpg1985年生まれ。
高校時代に渡辺貞夫氏の演奏を生で聴きジャズに目覚め、大学からジャズを始める。
京都大学Dark Blue New Sounds Orchestraではコンサートマスターを務めた。

大学卒業後、就職するもジャズの道を志し一年半で退社。
その後、池田篤(sax)、井上祐一(piano)両氏に師事。
3年間の日本での活動ののち2012年秋より渡米。

ニューヨーク州立大学パーチェス音楽院の大学院ジャズ科にて
Master of Music(Jazz Studies)を2014年5月に取得修了。
サックスをJon Gordon, Gary Smulyan, Steve Slagle, Jim Snidero, Steve Wilson, Miguel Zenonに師事。アンサンブルをHal Galper(piano), Jon Faddis(trumpet), Todd Coolman(bass), Steve Wilson (sax), David Dejesus(sax)に師事。
作曲をJohn Abercrombie(guitar), Jon Gordon(sax)に、ジャズ史をJon Faddis(trumpet)に師事。

2014年7月よりニューヨーク市内に拠点を移し活動を続け自己のグループKazuki Yamanaka New York Quintet [Daisuke Abe(guitar), Dana Malespetic (piano), Dean Torrey(bass), Aaron Seeber(drums)]を率いて精力的にライブ活動を展開する。
2015年8月にGilad Hekselman(guitar), Fabian Almazan(piano), Linda Oh(bass), E.J. Strickland (drums)を擁する自己のバンドで全曲オリジナル曲からなるファーストアルバム'Songs Unconscious-minded'をリリース。

posted by 権上康志 at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック