2007年05月24日

弦交換

jazz-bass-gonjo-2006-11-09T11_40_32-1.jpg 昨日仕事に行く前に天満橋のフジヤ弦楽器さんに行きまして、 前々からしたかった弦交換をしてきました。
 さらに今回は弦の種類も変えました。

 (以下、多少マニアックな話になります。ご了承ください)
 僕はずっとピラストロ社の「オブリガート」という弦を張っていました。
 この弦は「弓でもピチカートでも両方いける」と定評のある弦です。
 実際僕も気に入って使っていたのですが、この弦は芯線シンセティックという個性的な素材が使われているために、テンション(張り)が柔らかく、音も多少粘っこい感じがしていました。

P1010255.JPGしかし最近、もう少し弾き心地・音ともに張りのある弦にしたいと思うようになりました。

そこでフジヤ弦楽器の藤井さんに相談して決めたのが→の
ピラストロ社の「フラット・クロム・スチール」という弦です。
この弦はクラシック用の弦なのですが、金属量が軽めになっていて、ピチカートでも充分使えるのです。


P1010256.JPG 実際張ってみると、テンションもいい具合に強くなり、ピチカートの音も張りのある感じになりました
 またスチール弦独特の音の輪郭がくっきりした感じで、
 アンサンブルの中でも他の音に埋もれないように感じます。
 そして何よりクラシック用の弦ということもあり、弓で弾いたときの音が特に綺麗なのです。
 弓の練習にも身が入りそうですわ(^^

まだ弦が落ち着くまで多少時間がかかりますが、
今回の弦交換で音もセッティングも、だいぶ自分のイメージに近付いたと思います。
皆様、このおニューの弦の音を聴きに、是非ともライブハウスまで足をお運びくださいませm(_ _)m
posted by 権上康志 at 16:03 | Comment(3) | TrackBack(0) | 楽器・機材
この記事へのコメント
昨年の萩ではお世話になりました。
つくばの菱沼です。お元気ですか?
今、自分もオブリガードを張っているのですが、次は何の弦にしようかとちょうど考えていたところです。
フラット・クロム・スチールが落ち着いてきたら是非またレポートしてください。
Posted by とも at 2007年05月24日 19:07
よっ!おひさ!元気でやってる?

ベースの弦ってどれくらい持つモノなの?
ゴンチャンは毎週ライブが詰め込んであるから
結構消耗は激しいんでない?
意外とずっと張ったままでも平気なんですかい?

自分はギター故、しょっちゅう交換してます。
今まで弦交換だけに費やした人生の時間を考えると凹みます。

東京には演奏しに来ないん?
Posted by たけし とくなが at 2007年05月24日 19:59
ともさん<お久しぶりです!なんとか元気でやってます。
フジヤさん曰く、フラット・クロムはオブリガートと似た感じの弦ではあるんです。
(指・弓ともに○という点で)
そこにスチール弦ならではのテンション感が加わる感じです。
ジャズ系で使ってる人は少ないようですが、試しに張ってみるのもありだと思います。
(オブリガートより高いのが難点ですが)
はい、また落ち着いたらレポートします。

たけしとくながさん<お久です!なんとか元気です。
コントラバスの弦は一般的には一年くらいで交換するのが目安みたいですわ。
でもそれより長く張ってる人もいるし、好みの部分も大きいかも。
弦の値段も高いし…(^_^;

東京には行く機会ないっすねー。
いつか進出したいですわ(^^;
Posted by 権上康志 at 2007年05月25日 12:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック