2006年05月12日

弦が、大変なことに…

今日いつも通り練習しようと楽器をケースから出してみたら、D線(高い方から2番目の弦)の調子がおかしいんです。

音がびびって伸びないし、ピッチが安定しない。弓なんか鳴りません。
おかしいと思って見てみたら、案の定弦がほつれてました。
弦トラブル
僕の張っている「オブリガート」の弦は、芯線(コア)にシンセティックという新素材が使われているため、こういう状態になりやすいようです。
上の写真の「ココ」の部分がほつれている箇所です。
北斗の拳以来の「お前はもう死んでいる」状態です。

というわけで、明日楽器屋さんに行ってきます
posted by 権上康志 at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 楽器・機材